BLOG

2017.07.21

GENZOYER vs YASAGARASU

こんにちは! ジャポンです。

早いもので、2017年も半分が過ぎましたが、
なんと僕のブログは今年初です!!

ワザナカのメンバーで、順番にブログを書いているのですが、
なかなか僕まで回ってきませんでした。

お仕事が忙しかったってことですね!

僕も個人事業主になってから、1年半が過ぎようとしています。
ありがたいことに、ワザナカ同様、忙しくさせていただいています。

さて、今回の僕のブログですが、
今年初のブログなのに相変わらずツエーゲン金沢ネタです!

最近、ツエーゲン金沢に新しいキャラクターが生まれたのを
皆さんはご存知でしょうか?

謎の悪役キャラクター「ヤサガラス」と
ツエーゲンのマスコット「ゲンゾー」のバトル変身モード「ゲンゾイヤー」。

先日から、ツイッターやJリーグファンの間でちょっと話題となっているキャラクターです。

それらの企画に関わらせていただき、
ポスターやロゴマークなどのデザインをさせたいただきました。

Jリーグ前代未聞の悪役キャラクターがツエーゲン金沢のサポーターを煽り、相手チームに加担したり、
今までいたマスコットがヒーローに変身して悪役キャラクターとヒーローショーを行うなど、
サッカーの試合じゃないようなことがスタジアムで行われています!

「ヤサガラス」と「ゲンゾイヤー」について、詳しく知りたくなっちゃった方は、
ぜひ下記のURLをご覧ください。

ゲキサカ→ http://web.gekisaka.jp/news/detail/?219797-219797-fl
ドメサカブログ→ http://blog.domesoccer.jp/archives/60080301.html
ツエーゲンチャンネル「ZONEZ」→ https://www.youtube.com/channel/UCsLErJ5gm8wLd6yu4t_B_2g

そして、さらに気になった方は、ぜひスタジアムへ!!

Author : mizuhashi

2017.06.25

[極私的版]心にのこる名作コピー その7

こんにちは、宮保です。
僕の好きな広告コピー、
心に残る名作コピーを
気分で勝手に語っています。

今回の名作コピーは
—–
癌に教えられる
—–
です。何をか言わんや。

blogmiyabo0625

全文です。

—–

癌に教えられる

笑いが癌細胞を減らす という説がある
癌は不思議だ

末期癌を宣告されて 十年以上生きつづけている人がいる
癌は怖いけれど不思議だ

最後のすこし前 突然元気になって一泊出かけたんだよ
という人の話は少なくない
癌は不思議だ というより人間の体は不思議だ というより人間は不思議だ

毎年数え切れない量の 癌関連本
癌から逃げよう
いや 癌とたたかおう
いや 癌をうけいれよう
癌は人のなかにあるのに 人は解ききれない 何と意地の悪い

「癌とは時間をかけて死と向き合うことなのです」と語る人がいた
こうなるとまるで人生そのものではないか
「でも 死んだら何も言えなくなるんだよ」と 人は思う
そうだけれど そうではないのではないか
壮絶と不思議の数ヶ月 その人の生き様と逝き様に
親しい者は ずっと語りかけられながら その後を生きていくのではないか

癌で一生を終える日本人 いまや一年間 三十三万強
医療は進歩しつづけているはずなのに

人はまた 癌を考える

宝島社
—–

若くしてガンで亡くなる方の訃報を聞くと
思い出す人が僕もいます。

ただただ思うのは
今日をちゃんと生きるってことを
忘れちゃいけないってことですね。
ではまた。宮保でした。

Author : miyabo

2017.06.04

ワザナカ犬 りり

ブログ当番がまわってきたら、りりのこと書こうと前から決めてたんですが
いざとなると、なかなか書けずに1ヶ月以上も過ぎてしまいました。

2月26日、りりは3歳という若さで息をひきとりました。
病名は突発性自己免疫性溶血性貧血という原因不明の難病で
ある日突然、自分の免疫が赤血球を破壊するというおそろしい病気でした。
当時は運命や神様を恨んだりもしましたが、今はりりが早く生まれ変わって
また私のところにやってこないかなと思っています。

ワザナカ犬の始まりは、りりが我が家にやってきた話を会社でした時に
「つれてきてー」という一言からでした。
はじめは、子犬だったのと会社がリフォーム中だったので
トイレの場所がたびたび変わったことで、よくみんなの席の近くで粗相をしちゃって。
その節はご迷惑おかけしました。
あと、お客さんにもよく吠え、ちっちゃいのにりりなりに
会社を一生懸命守ってるんだな〜と内心は愛おしく思ってました。
しつけなきゃいけないのに、すみません。
りりは知り合いからのもらい犬だったので、お里のお母さんには
「毎日一緒に出勤できて、会社でも可愛がってもらえて、りりちゃん幸せ者だね〜」とよく言われました。
本当にそう思います。
闘病中はお休みもいただけたので、私も精一杯りりのお世話をすることができたし
最期もちゃんと看取ることができて、会社のみんなには感謝しています。
ありがとうございます。

りりと過ごしたのは、たった3年の短い時間だったけど
家にいる時も会社にいる時も一緒だったので、とても濃密でしあわせな時間でした。
いつもそばにいてくれたから、すごく助けられたし、癒してもらえました。

そして今、いろいろ考えた結果
保護犬の命を救いたいと思っています。

実は、りりを飼う前から保護犬のサイトをみていて何度か申し込んだりもしましたが
結局、知り合いのご縁でりりが我が家にくることになりました。
りりも大人になり、言葉もわかるようになってきたので
もう一匹飼おうと思っていた時に、りりが亡くなってしまいました。
あんなつらい思いはもう二度としたくないけれど、だからといって
もうペットは飼わないと思わないのは、やっぱりりりと過ごした日々が楽しかったからだと思います。
次に迎える子もしあわせにしてあげたいし、なってほしい。
そう思えるようになりました。

石川ドッグレスキュー
金沢市
ペットのおうち

北陸3県は、全国でも殺処分が少なく(全国殺処分数 犬1.6万頭、猫6.7万頭)
金沢市では、28年度1頭、石川県全体での犬の殺処分数が15頭になったそうです。
金沢市の山野市長も「犬や猫などの殺処分ゼロのまちをめざす」と述べていて
市では殺処分を減らすため、飼い主のいない猫への不妊・去勢手術への助成や
譲渡のための里親制度などを実施しています。

全ての子が、家族に囲まれて幸せな最期を迎える世の中がくるようにと活動する
石川ドッグレスキューを応援します!

もし、知り合いでペットを飼いたいと思っている方がいらしたら
ぜひ一度、保護犬を検討していただきたいです。

 

Author : miwa

2017.04.28

フリック入力

最近ようやく暖かい日が増えてきました。
といっても、寒かったり暑かったりで
着ていく服に困る日も多いです。

春や秋の、ちょうど良い気温の季節が好きなんですが
近頃はそのちょうど良い季節も短くなってきている気がして残念です。

このまま一気に夏に向かうのかと思うと、気が重いです…。

 

話は変わりますが、
スマホのフリック入力って
なぜあの順番なんでしょうか。

フリックの並び順って、あ行なら
左から時計回りに「い」「う」「え」「お」と並んでいると思いますが、
私の頭の中ではなぜか右から時計回りに並んでいるので、
よく打ち間違えます。

特に、「い」は右!という頭が完全に出来上がっているので、
「う」「お」は慣れてきたものの、
「い」「え」はかなりの確率で間違えます。

自分で使いやすいように並べ変えられたらいいのになあと思います。

 

 

関係あるか分かりませんが、
昨日ガラケーで一生懸命文字を打っている夢をみました。
誰かとやり取りをしていたんですが、とにかく打ちにくくて、
フリック入力のありがたみを感じました。

Author : maeda

2017.04.05

第30回HCC賞審査会、4/15(土)に金沢で開催!

こんにちは、宮保です。
ブログ当番の順番を無視して今回は
北陸コピーライターズクラブ(HCC)
からのお知らせです。

HCCでは、来週4/15(土)に
金沢市民芸術村パフォーミングスクエアにて
HCC賞審査会を開催します。

hcc2017po
(北陸コピーライターズクラブでは、
この1年に北陸で制作・発表された新聞・雑誌広告、
TVCM・ラジオCM・WEB動画、WEBサイトやその他の
広告広報媒体を募集してコピーや企画を審査し、
優秀な作品にHCC賞を贈っています)

今年の招待審査員は、TCC会長の仲畑貴志さん!
しかもスペシャルゲストには
昨年招待審査員を務めていただいた髙崎卓馬さん!
今年は第30回の審査会にふさわしく、
すごいことになりそうです。

現在、エントリー作品を募集中です。
もちろんその広告のコピーや企画に携わった方なら
HCC会員でなくても応募できます。
エントリーは4/12(水)24時まで!
詳しくはHCCのWEBサイトでご確認ください。
http://www.hokuriku.cc/

また当日は、13時より審査が一般公開されます。
どうぞ遊びにきてください。
北陸三県の広告をいろいろ見られて楽しいですよ。

さらに16時ごろからは
仲畑さんと髙崎さんのトークショーも行われます。
もちろん観覧は無料です。ぜひぜひ。

皆さまのご応募&ご来場、お待ちしております!

Author : miyabo