BLOG

2010.10.20

お仕事

こんにちは、水曜ブログ担当の砂原です。
ちょっとお仕事の話をさせていただこうと思います。
ネーミングからロゴ、サインまでワザナカで
関わらせていただいた産科・婦人科が、
10/7に金沢市大桑にオープンしました。
「まなぶ産科・婦人科クリニック」
コンセプトワードは
「いのちを育む、からだを学ぶ。」
です。
半年程前に院長先生や助産師さんと
最初の打ち合わせをさせていただいて、
出産経験のある私でしたが、
知らなかったことがたくさんありました。
食事、体温、骨盤…いろいろな生活要素が
お腹の赤ちゃんに与えている影響を知り、愕然としてしまいました…。
なぜなら私の妊娠生活、しいては今までの生活がNGだらけだったからです。
私の娘よ、バカ親でごめんなさい!
私はちょっと特殊例かもしれませんが、
女性として、母親として学ぶことが本当にたくさんある病院です。
どうぞご贔屓にお願いします。
http://www.manabu-clinic.com
$www.wazanaka.jp
$www.wazanaka.jp

Author : sunahara

2010.10.19

ワザナカ一周年

私たちワザナカも設立から、はや1年が過ぎました。
今、こうして何とかがんばっていられるのも
日頃お世話になっている皆様のおかげです。
自身初のブログという、この場を借りて
感謝の意を表したいと思います。 
ありがとうございます!!
今後とも、よろしくお願いいたします!
思えば、この1年目は「あっ」という間でした。
何かと慌ただしく過ぎていったように思います。(おかげさまです)
いろんな人とつながって、
いろんなお仕事させていただいて、
いろいろご迷惑もおかけして、
いろんな人に助けていただいたり…
ホントいろんな経験をさせてもらったなぁ、と思います。
恥ずかしい失敗もしました。
うれしいニュースもありました。
飲み会の楽しい時間もいっぱいありました。
そうした一つひとつが
今後のワザナカにとっていい経験として、いい時間として
歴史になっていくんだと思います…
…なんて、1年経ってみて、
この初のブログを書きながら、
ちょっとマジメに思ったのでした。
以上。
ではでは、また、
来週火曜にお会いしましょう。

Author : hashimoto

2010.10.18

はじめましてのご挨拶

ある日事務所に戻ると壁にアミダくじが貼られていて、
新ワザナカブログの二番手にいつのまにやら当選していました。
皆様こんにちは、みやぼです。
(初めてお目にかかる方もいらっしゃるかと思います。
はじめまして。コピーライターの宮保真と申します。)
というわけで、ジャポン以外では初めて
このブログにエントリする役目を仰せつかりました。
これからブログをリレーしていくメンバーは5人ですので
基本的には僕が月曜日担当ということになるようです。
さて、これから週の始めに何を書いていったらいいものか…
と、考えているうちに最初の月曜日の夜も更けてまいりました。
とりあえず本日は、ご挨拶&プロローグということでご容赦を。
次回からどうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。
おまけです。
↓今日のワザナカ(と、画像を載せてみるテスト)
$www.wazanaka.jp

Author : miyabo

2010.10.15

ブログリニューアルしました!

ワザナカジャポンです。
ご無沙汰しております。
以前までワザナカのブログを書いてましたが、
途中で書かなくなり、
今回ワザナカブログをリニューアルする事になりました。
これから僕だけではなく
ワザナカのメンバーみんなでブログを書きます。
お楽しみに。
さて最近、三十路になり、
自分の身体が気になるようになりました。
スポーツは週末にしてますが、
鏡をみるたびにおじさん体型になってる気がします。
そこで平日、夜中にランニングをするようにしたのですが、
家が山に近いため、最近流行の熊がでるのではないかと思い、
怖くてランニングしてません。
ていうかそれは言い訳で、
実際は持続できなかったってことです。
ワザナカブログもそうですが、
続けないとやっぱり意味がありません。
体型も全く変わってません。
一度、やめちゃうと次、始めるとき、
始めようと思っても始めれなくなります。
これからは何事も継続するように
心がけていきたいと思います。
リニューアル初回の内容が、
ユルユルな感じで、申し訳ないですが、
今後ともワザナカブログを
よろしくお願い致します!
※金沢のジムでもよくやってますが、動画はボディコンバットです。
密かにカポエイラのステップを取り入れてるので紹介しました。
(かなり違った動きになってますが。)
自分がカポエイラやってて思うのですが、
ヒップアップにかなりいいと思います。
余談ですみません。

Author : mizuhashi